ワイヤーの入った窓ガラスに交換できますか

wire_glass
ネットに掲載されているガラス業者さんのホームページを閲覧していると、ワイヤーの入った窓ガラスに交換できますか?といった問い合わせをしてくるお客さんも多いようなのです。このワイヤー入りの窓ガラスの大きな特徴としては、火災時にガラスの飛散を防止することができる点にあるようですね。確かに、ガラスが割れる際にガラスの中にワイヤーが封入されていると、ガラスがワイヤーに引っ張られるので簡単に砕け落ちるということもないでしょうね。しかも、こうしたワイヤー入りの窓ガラスの場合、防火設備用の窓ガラスとして延焼の恐れのある場所には、法律でも設置が義務付けされているようですね。

もちろん、公共設備や事業所だけでなく一般家庭やお店などにおいても、装飾用のデザインガラスとして用いられているという場合もあるようです。ただし、ワイヤーが入っているということで割れにくいのでは?と勘違いをして防犯ガラスの代わりに設置するという方も中にはいらっしゃるようですね。ところがこのワイヤー入りガラスというのは、ワイヤーが入っているためにガラスが飛び散らないというだけで、決して割れにくいということはないようなのです。要するに、すぐに割れてしまうようなのです。そういう意味では、空き巣の侵入手口でもある窓ガラス破りには、全く効果が期待できないということにもなるでしょうね。従って、防犯目的として窓ガラスを設置するのであれば、やはり防犯ガラスを設置するのが望ましいといえるでしょうね。